制度改正の認識

貸金業法の改正の影響

2010年6月18日に貸金業法が改正されています。この改正によって総量規制が導入されています。この改正で、キャッシング利用者に関係があることは、まずは上限金利の引き下げです。これまでは29.2%が上限金利であったのですが、利用限度額に応じて15%から20%まで引き下げられています。100万円以上は15%が上限金利、10万円以上100万円未満の限度額は上限金利が18%、10万円未満は20%が上限金利となっています。つまり、これまで29.2%でキャッシングの利用をされていた方は、10%以上も上限金利が引き下がったことになりますので、金利が低くなったことで利息の負担もこれまで以上に軽減されていることになります。

借り入れ金額が制限される

キャッシングを申し込みする前に理解しておく必要があるのが、キャッシングの利用限度額が最大で年収の3分の1以下に制限されることです。総量規制が導入される以前は、年収以上の融資を受けることも可能であったのですが、それでは過剰融資になるということで借入金額が制限されています。年収が600万円の方は最大で借り入れできる金額が200万円までとなります。1社200万円までではなく、取引をしている貸金業者すべての借入金額を合計しての金額となります。ただし、年収が600万円だから必ず200万円までであれば借り入れができるということではなく、最大で借り入れできる金額が200万円としてその中で限度額がいくらになるかは審査基準によります。

Page Top